タイヤチェーンの3つの種類とそれぞれの特徴

タイヤチェーンの種類はゴム、金属、布の3つに分類され、それぞれ次のような特徴を持っています。まずはゴムチェーンです。ゴムにスパイクが付いているチェーンで金属製に比べて走行時に発生する音が少なくなります。また走行中の熱を持ちにくく、サイズや種類が豊富という利点があります。ただし、収納時にスペースを取られるものが多く、価格も金属製に比べて高めです。次が金属チェーンです。価格が安くコンパクトなので車内でスペースを取りません。しかし走行音がうるさい上に雪の無い路面を走行すると熱を持ちやすく、劣化が早いと言った面もあります。それにせっかくのアルミホイールコートを傷つけてしまうなんてこともあります。そして布製チェーンです。着脱がとても簡単で収納時にもとてもコンパクトになります。一方で布製ということもあり耐久性には優れていないので、雪のある路面でしか使用することができません。更に実際の路面の状況次第では、走行に適さないケースも少なくないので、ドライバー自身の責任と判断が重要になってくるという点にも注意が必要です。